Linuxで負荷状況を見るときによく使うコマンド

Linux

vmstat

vmstatとは、LinuxにおいてCPUやメモリなどの使用状況を表示するコマンドです。
システム全体の負荷状況をリアルタイムで観察するのに適しています。

実行例

1回だけ実行します
vmstatとだけ打ち込むと1回のみの実行結果を表示します。

[user01@localhost ~]$ vmstat
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa st
2 0 28284 114608 0 289276 0 0 14 24 86 73 4 1 96 0 0

vmstatのあとに数字を入力すると、指定した秒数毎に連続して実行します。
停止はCtrl + Cで行います。

[user01@localhost ~]$ vmstat 2
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 4  0  28284  67776      0 289284    0    0    14    24   86   73  4  1 96  0  0
 2  0  28284  68024      0 289284    0    0     0     0  323  312  4  1 96  0  0  ←2秒ごとに出力
 0  0  28284  67652      0 289284    0    0     0     0  294  317  2  1 98  0  0  ←2秒ごとに出力

1秒毎に連続して5回だけ実行します
こうすると実行間隔と回数を指定できます。

[user01@localhost ~]$ vmstat 1 5
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- -system-- ------cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 2  0  28284 112876      0 289244    0    0    14    24   87   73  4  1 96  0  0
 0  0  28284 112752      0 289244    0    0     0     0  256  300  0  0 100  0  0
 1  0  28284 112752      0 289244    0    0     0     0  280  304  1  0 99  0  0
 0  0  28284 103328      0 289244    0    0     0     0  387  321  9  1 90  0  0
 0  0  28284 103328      0 289244    0    0     0     0  285  312  0  0 100  0  0

free

[user01@localhost ~]$ free
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:       1922324    1716832     205492          0     197248    1055352
-/+ buffers/cache:     464232    1458092
Swap:      4194300          0    4194300

見るべきところは、3行目の -/+ buffers/cache: 453 1423 の部分です。
http://48n.jp/blog/2016/05/08/learn-the-memory-with-free-command/

▼参考URL
http://www.denet.ad.jp/technology/2017/10/vmstat.html

vmstatコマンドで覚えておきたい使い方8個(+1個)
LinuxやUNIXでパフォーマンスを監視する際にはお約束とも言えるvmstatコマンド。 どの現場でもよく使われるものだが、今回はこのコマンドで覚えておきたい使い方を紹介する。 なお、この内容はCentOS 7にてバンドルされている「procps-ng 3.3.9」のバージョンのものを用いている。 1.基本的な使い方...

コメント