WEBエンジニアに転職するために独学でプログラミングの勉強を4ヶ月間やったときの話(ほぼ無料!!!)

Ruby on Rails

はじめに

今回は、私がWEBエンジニアになるためにやったことを紹介します。

これからエンジニアを目指すかたや、SIerからWEB系を目指す方の参考になれば幸いです。

何をやっていたの人なのか?

未経験から新卒でメーカー系情シス部門で働いていました。

最初は変数すら知らないポンコツ社員でしたが、研修や独学でなんとかついていき、「プログラミングって楽しいかも・・・!」と芽生えはじめていました。

しかし、そんな生活も長くは続かず、どんどん上流工程の進捗管理や工数管理、ベンダー折衝に投入されていき、気づけば手を動かすことがほとんどない中間管理職のような立ち振る舞いをしていました。

この時あたりから、自分の将来やりたい仕事はなんだろうか?どんな人になりたいのだろうか?今のままで本当にいいのか?ということを考えるようになりました。

そして、このまま今の仕事を続けるよりも、もともとやりたかったプログラミングを本格的に仕事にしてみたい!と思い、転職を検討し始めました。

ただ、いざはじめてみるとプログラミングをやるには開発経験も乏しく、そのくせ熱意も足りていなかったので、書類選考や面接が全く通りませんでした。今思えば当たり前なのですが、はっきりと「自分の市場価値が低い」という現実を突きつけられ、ショックを受けました。

なので一旦転職活動をする前に、プログラミングを0から改めて勉強しよう!と思い、下記のような準備を行いました。

目標設定(数日)

いざ勉強すると思っても、なんとなくはじめても続かなくなるのが嫌だったので、どこまで勉強すべきか?を決めることにしました。

色々と考えたりインターネットで調べたりした結果、やはり何かアウトプットを作ろう!と思いました。
また、いずれは何かWebサービスを生み出す仕事をしたいと思っていたこともあり、「自分1人で簡単なWebアプリを開発できるレベル」になることを当座の目標とし、勉強することにしました。

Webアプリに強い言語ということで、Rubyを選択することにしました。

Rubyの勉強(約1.5ヶ月)

まず最初にRubyの文法をざっくり理解するため、ドットインストールという動画サービスを使って環境構築や基本文法を押さえました。無料です!

がっつりやりこむと言うよりは、軽く触ってみると言うレベルでした。ちゃんと理解することよりも、手を動かすことと、目標に向かって最低限必要なことを知ること、を意識していました。

なんとなく理解したら、すぐさま「Railsチュートリアル」をやりました。
Rubyには「Ruby on Rails」と呼ばれるWEBアプリ開発用のフレームワークが存在します。これを使って、Twitterの模擬アプリを作ることのできるサービスが「Railsチュートリアル」です!これも無料です!

まずは動くものを作りたい!と思い開始。1ヶ月半ほどかけて、Twitterの模擬アプリを作成することができました。

Railsチュートリアルを1ヶ月かけて1週目を終えた感想
はじめにWEBエンジニアを目指そう!と決めたものの大きな課題がありました。それは、プログラミングをろくにやったことがなかったことです。これは致命的だと思い、チャレンジしたのがこのRailsチュートリアルでした。Railsチュートリアルとは、

今思えば、もう少し早く終わらせてもよかったかな〜と思いますが、動くものを作ることで、Webアプリを作るための大枠と実際の成果物がイメージできるという点では、非常に有意義なサービスだったと思います。

オリジナルWebアプリの作成(約2ヶ月〜2ヶ月半)

これまでの集大成ということで、オリジナルアプリを設計して作るということに挑戦してみました。チュートリアル完了から間髪を入れずに開発を行いました。

まずは1人要件定義をして、テーブル設計や機能設計を行いました。
その後は参考書を片手にちまちまと作成していきました。

ぶっちゃけこれがすごく大変でした笑

チュートリアルやドットインストールだけでは、「コードが読める人」にはなっていたかもしれませんが、「コードを書ける人」にはなっていませんでした。そのため、試行錯誤を繰り返しながら少しずつ進めました。

ただ、こうやって試行錯誤しながら調べたことというのは、よく覚えるんですよね笑
得られる経験値も全然違うということを身を以て知りました。

なので、個人的には「オリジナルアプリ作成」はとってもオススメの目標だと思います!!
これから学ぶ方は、是非チャレンジしてみてください!

転職活動(1ヶ月未満)

オリジナルアプリを持って、転職活動を再始動しました。

ツールとしては、
・大手のエージェント
・Green(転職サービス)
・Wantedly

役割別に活用をしていました。
大手エージェントは大きな企業を探す際の保険と書類レビューに活用させていただきました笑
結果的にですが無料で応募書類の確認を客観的に見てもらえたのは大きかったです。

大手エージェントとの大きな違いとしては、エージェントの介入が少ないことです。
面接の日程調整などは自分で行いますが、その分主体的に動けるのは自分には合っていました。

Wantedlyは情報収集と発信目的ですね。
応募書類に記載できない点などの補足もでき、
ここでしか得られない会社の情報などを知ることができたのもよかったです。

最終的にはGreenのスカウト機能をきっかけに面接した会社に行くことに決め、
転職活動を終了しました。

さいごに

ほとんどコードを書いた経験もない私でしたが、結果的には4ヶ月ほどで目標を達成することができました。これからエンジニアになろうとしている方や、同じように転職をしようとしている方は、最初から諦めずにチャレンジしてみてほしいです!

また、エンジニアになるかまではわからなくても、「プログラミングで何かを作る」という経験をするのは、可能性を広げる意味でもとても良いと思います!

昔の言語と比べて、今はすぐにでもプログラミングができる環境がすぐに作り出せます!少しでも興味があれば、試してみてはどうでしょうか?

コメント